Q5原稿料や講演料はどのように処理すればよいですか?

 

A5

税金を計算する上では、これらの収入を種類ごとに分類することになります。そしてその収入の種類ごとに経費を引いたり、特定の計算をしたりして、所得を算出します。
所得の種類は利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、譲渡所得、一時所得、雑所得、山林所得、退職所得の10種類ですが、原稿料や講演料はそのうち「雑所得」に分類されます。


 

質問等がありましたらお気軽にお問い合わせください。

専門のスタッフが不安や疑問にお答えします。

メールでのお問い合わせはこちらから